婦人

保湿美容液で潤い肌を実感|若々しい肌を取り戻そう

スキンケアのポイント

美容液

肌が乾燥すると皺やたるみが出来やすくなります。年を取るとコラーゲンやヒアルロン酸などの保水成分が低下していくので、乾燥肌になっていきます。しかし、最近は若くても乾燥肌に悩んでいる人が増えています。10代や20代の若いうちに肌が慢性的に乾燥する原因の多くが、「過剰な肌のお手入れ」です。擦りすぎ、洗顔のし過ぎ、スキンケアのし過ぎなど、肌へ負担をかける回数が多くなると、乾燥しやすくなります。また、一日に何度もクリームを塗ったり美容液を付けたりすることで、肌本来の保湿機能が低下していきます。乾燥を気にするあまり過剰にお手入れをするのは禁物です。化粧水や乳液の最小限のスキンケアを心がけることが大切です。

洗顔をしたあとにつけるのが化粧水や乳液です。化粧水をつけることで、乾燥肌を保湿をすることができます。乾燥肌の人は化粧水はコットンよりも手で付けるのがお勧めです。コットンの場合、繊維で肌が傷つく場合があります。化粧水をよく浸透させるコツとしては、温めることです。化粧水を手のひらにとって1分ほど両手でふたをしておくか、レンジで数秒チンすると温まります。スチーマーがあれば、洗顔後にスチーマーを顔にあてれば毛穴が開いて浸透力がアップします。また、化粧水をつけたら最後に1分間ハンドプレスすることが大切です。そうすることで化粧水が角質層に吸収されやすくなります。化粧水が吸収されれば、保湿効果が長持ちます。